使用する水の量は、下記の「給水チャート」をご覧ください

枕をイスの上に立てて置き、キャップを外します。
給水口を親指と他の指で挟み、上の方にむけます。
給水口を挟んだまま人差し指を穴の中に入れ、水袋に水を入れやすくします。
ペットボトル、じょうろなどを使い注意深く水を入れます。 (ペットボトルのご使用をお薦めします)

水の量を調節すれば、自分だけのオリジナル枕が!

給水チャート
水の量 高さ/(硬さ)
約2ℓ 低め/(やわらかめ)
約3ℓ 普通
約4~5ℓ 高め/(硬め)

注入する水の量を調節することによって、お好みの高さが得られます。
注入できる水の量は2~5ℓ。水の量を増減し、寝心地をためしながら、あなたにとってのベストを見つけてください。
水は半年に一回お取り替えすることをお勧めします。
※使用感には個人差があります。



ご覧になるにはAdobe Flash Playerが必要です。
無償ダウンロードはこちらから

水袋の圧力を均等に保つため、空気抜きが必要になります。

水袋には、水と空気が入った状態です。
枕の下に向かって指をゆっくり動かし、空気を抜きながら、 水の一番上の部分までおろします。
水の面より上の部分を平らにして、空気を抜きます。
空気が抜けたのを確認し、キャップをしっかり締めます。

オープナー使用時は必ず枕を立ててお使い下さい。

オープナーの溝を垂直にキャップにはめます。 キャップを開ける場合は反時計回りに回して下さい。 キャップを締める場合は時計回りにしっかりと回して下さい。

キャップを開けてオープナーを口にはめます。 時計回りに回し、オープナーをしっかりはめこみます。 オープナーに手を添えて水をゆっくり出してください。

注意

  • ○キャップを締める前に水の層の中の空気がしっかり抜けていることを確認して下さい。
  • ○詳しくは上記の5~8(空気の抜き方)を参照して下さい。
  • ○キャップオープナー、その他取り扱い説明書は大切に保管して下さい。

  • ○ 枕の上にのったり、重いものを置いたりしないで下さい。
  • ○ 枕以外の使い方をしないで下さい。
  • ○ ハリなどの鋭利なもので刺さないで下さい。
  • ○ 枕に入れた水は絶対に飲まないで下さい。
  • ○ 水の入れすぎに注意して下さい。
  • ○ 必ず水の層を下にして使用して下さい。
  • ○ 洗濯機・脱水機・乾燥機は使用しないで下さい。
 
  • Amazon
  • 楽天
  • Yahoo

Mediflow商品の販売ご希望の店舗・治療院様